超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

青山学院大学(青学)総合文化政策学部英語の傾向と対策&勉強法【青学総合文化政策英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

251秒で読めます。

青山学院大学総合文化政策学部の英語対策&勉強法

 

青山学院大学総合文化政策学部の英語対策&勉強法

青山学院大学総合文化政策学部英語の傾向

 

青山学院大学総合文化政策学部の問題構成は、読解問題が2題、英文法、語法などが1題、並べかえ作文が1題です。

時間がかかる読解問題を解く前に先にその他の問題を時間をかけずに片付けてしまうのがおすすめです。

読解問題に十分時間を使いましょう。

・長文読解対策

・英文法、語法対策

・並べかえ作文対策

の3つに絞って対策をお話していきたいと思います。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

青山学院大学総合文化政策学部英語の対策&勉強法

 

対策&勉強法①長文読解

1400字程度の長文が例年出題されています。

英文量は多いですが普段から1000字程度の長文に読み慣れておくと内容自体はそれほど難しくないです。

自ら積極的に長文読解に取り組んでいく姿勢が求められます。

長文に慣れるためには多読がおすすめです。

長文に慣れることで膨大な量の英文を見ても苦痛に感じなくなり、長文を最後まで諦めずに読む忍耐力も身につきます。

また読むのも早くなります。

普段の学習において様々なジャンルの英文にたくさん触れ速読力と読解力を養っておきましょう。

英字新聞を読むことも多読速読につながり、また時事問題に対する理解を深めるため受験対策として大変ためになるのでおすすめです。

 

対策&勉強法②長文問題の解き方

 

設問形式は内容一致選択問題、空所補充問題などです。

内容一致選択問題は設問を読んでから答えを探しながら長文を読み進めていきましょう。

試験は時間との戦いなので1つ1つにあまり時間をかけることはできません。

先に設問に目を通してどんな文章なのか、またどんなことが問われているのかを念頭に置いて読み進めていきましょう。

過去問演習をする時は時間配分を自分なりに設定し、その時間を越えないように十分に注意しながら行ってください。

最後の問題までしっかり解けるように時間配分を念入りにシミュレーションすることが合格の鍵を握っていると言えます。

空所補充では自動詞と他動詞の区別を問うもの、長文の内容から判断するもの、動詞にふさわしい前置詞を選ぶもの、英文法やイディオムを問うものなど様々な知識が問われます。

紛らわしい自動詞と他動詞の区別は頻出の重要項目ですので原形、過去形、過去分詞形まで形を覚えるところまで仕上げてください。

 

対策&勉強法③英文法、語彙

 

教科書、即ゼミやNextstageの内容がしっかり理解できていたら解ける問題です。

ここでの対策は並べかえ作文対策と兼ねています。

空所補充問題はほとんどが英文法やイディオムの知識を問うものです。

イディオムは知識事項ですので知っているか知らないかが全てです。

動詞にどんな前置詞がつくのかをしっかり押さえてください。

後につづく前置詞により意味が変わる動詞もあるので要注意です。

イディオムはセンター試験でもしばしば出題されますので要注意の知識事項となります。

暗記事項の学習に力を入れてください。

英文法の単元で見落としがちな暗記に近い名詞、形容詞、副詞などの単元までしっかりと目を通し知識として自分のものになるまで繰り返し演習、復習を行ってください。

英単語をよく学習すると見ただけで意味は分からなくても名詞、形容詞、副詞の区別がつくようになります。

語彙を覚える時は品詞のチェックまで行うようにしましょう。

 

対策&勉強法④整序問題

 

和文なし並べかえ作文が出題されています。

過去においては和文つきの短めの並べかえ作文問題も出題されています。

会話表現や慣用句などを題材にした問いも多く出題されています。

どちらが出題されても対応できる力をつけておきましょう。

即ゼミやNextstageなどのセンター試験~難関私立、国公立大学レベルまでをカバーできる大学入試に特化した参考書の内容がしっかりと身についておけばそれほど難しい内容ではありません。

並べかえ作文問題では重要英文法や構文、イディオムなどが絡んでいることが多いのできちんと知識が身についていれば選択肢を見ただけでこれはあの構文が使える!これは分詞構文の問題だな!ととっさに判断できるようになります。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別英語の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら