超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【改訂版】金谷の日本史なぜと流れがわかる本の評価と使い方&勉強法!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

250秒で読めます。

金谷の日本史なぜと流れがわかる本の使い方&勉強法!

 

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

 

この参考書は、クオリティの高い講師陣による映像授業でおなじみの東進ハイスクール・東進衛星予備校から出版されている「名人の授業」というシリーズの一つです。

その中でも際立って有名な「金谷俊一郎」が書いている参考書です。

 

金谷の日本史なぜと流れがわかる本の特徴

 

本書は「原始・古代史」「中世・近代史」「近現代史」の3冊に分かれており、別冊に文化史も扱っています。

特徴としてはその名の通り、歴史上の出来事と出来事の繋がりや因果関係が簡潔に、それでいてわかりやすく書かれてあります。

さすがは名人の授業というだけあって、するすると頭に入っていきます。

各章の最後に練習問題も付いてあり、歴史の大まかな流れの理解と基本的な用語をインプットするには最適な参考書です。

 

金谷の日本史なぜと流れがわかる本のレベル

 

対象となる受験生のレベル

 

この参考書のレベルは「超」入門編です!

日本史を一から勉強するという受験生に向いています。

日本史という科目を勉強し始めるにあたっては、これ以上はないと言い切れる入門書だと言えます。

 

到達レベル

 

センター試験レベルの基本的な用語や時系列を聞いてくる問題には太刀打ちできます。

しかし、センター試験で高得点を狙ったり、中堅以上の大学に合格するためにはまだまだ勉強が必要です。

 

石川日本史の使い方と勉強法はこちら

実力をつける日本史100題の使い方と勉強法はこちら

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

金谷の日本史なぜと流れがわかる本の使い方と勉強法

 

先ほど触れた通り、難関国立・私大を目指すのであればこの参考書1冊では不十分です。

常に何かほかの参考書と組み合わせて使うことをお勧めします。

この勉強法を実践すれば、センター試験で高得点を狙ったり、中堅以上の大学と戦ったりできるようになります。

 

この参考書と山川の教科書と『日本史B一問一答 完全版』の3つを組み合わせて勉強していきます。

 

具体的な使い方と勉強法としては、

 

①初めに本書で歴史の大まかな流れと時代背景、登場人物を抑えます。

②次に、山川の教科書でさらに詳しい用語、資料を理解します。

③最後に一問一答でひたすら暗記!!

この手順を1つの章ごとに繰り返します。

 

単純ですが、日本史という科目を勉強するには「理解」→「暗記」というステップが欠かせません。

理解なしに無理やり頭に詰め込もうとするから「日本史は暗記科目だ!!」と言って苦手意識を持つ人が多いのです。

なので、日本史を「理解」する最初のステップである、「なぜ」と「流れ」を完璧に理解して土台を作っていきます。

ここはもちろん何度も何度も読み込んで、最終的には「他人にスラスラと説明できる状態」までもっていってください。

そこまでできたら「理解」のステップとしては十分です。

この作業は②③と同時並行で行ってください。

一問一答を解いている最中、「ここの流れどんなだっけなー」と一瞬でも疑問に思ったら①に戻って復習しましょう。

 

一問一答の使い方もごくごくシンプルです。

最初は理解を終えた章からとりあえず解いてみる。

その時、わからなかった問題に×印を付けます。

2回目は×印がついている問題のみを解く。

これの繰り返しを10回20回とやっていきます。

最終的に×が多い問題や章は自分が苦手な分野だと一目見てわかるので便利です。

ページの表面が擦り切れるまでやりましょう!!

 

東進日本史B一問一答の使い方と勉強法はこちら

日本史の文化史で差をつける勉強法はこちら

 

金谷の日本史なぜと流れがわかる本の使い方と勉強法まとめ

 

ここまでかなり強調しましたが、日本史において一番重要なのは丸暗記ではなく「理解」です。

理解をすることで、変なひっかけ問題やいわゆるイジワル問題が出ても問題なく回答することができますし、純粋に日本の歴史というものを楽しむことができるでしょう。

好きになることが上達への最強の武器になります。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 日本史の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら