詳説世界史研究の評価と使い方&勉強法【東大早稲田一橋早慶レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は217秒で読めます。

詳説世界史研究で論述問題も完璧にする使い方&勉強法

 

詳説世界史研究

詳説世界史研究の特徴

 

600ページ近い豊富な情報量があります。

教科書レベルをマスターした後に、論述対策としておすすめの参考書です。

 

世界史の論述問題は単語の丸暗記だけでは太刀打ちできません。

単語同士のタテ・ヨコの関係をしっかり理解し、なおかつ自分の言葉で説明できるかが問われます。

一問一答形式の問題集では知識は身に付きますが、語句の説明もできるようになるには少々頼りないです。

そこでこの「詳説世界史研究」(山川出版社)です。

600ページ近く分厚いのでなかなか手を出しづらく感じるかもしれませんが、それだけの情報を自分のものにできればどんな問題にも対処できます。

 

教科書レベルの世界史の力が身についていない受験生には向いていません。

ひとつひとつの説明が長いので、ピンポイントに情報を絞って勉強したい人にも向きません。

教科書を読んでいて「この事件とこの事件の間に何があったの?」「この時代に別の地域ではどんなことが起きていたのだろう?」と疑問が湧いてくるようになったら、この参考書を手に取ってみましょう。

短所として図表は少ないので、手元に地図や年表を置きながら読んでいくのがおすすめです。
 

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

詳説世界史研究の効果的な使い方&勉強法

 

使い方&勉強法①音読して効果的なインプットを

 

教科書は一通り読み終えた、一問一答形式の問題で8割以上は取れるようになったら「詳説世界史研究」の音読を始めましょう。

1章でも1ページでも構わないので、自分のペースで少しずつ音読していきます。

声に出して読むのがポイントです。

頭にインプットしやすくなります。

太字の重要語句の前後説明については暗記できるように、一度参考書を読みながら音読した後、今度は目をつぶって同じ文章を繰り返して読み上げます。

最後にキーワードを書き写しながら(殴り書きでも構いません、とにかく手を動かして書いてみることが大切)もう一度読み上げます。

目と声と手で脳に刻みつけることは、暗記科目では有効になってきます。

 

細かい文字でぎっしり書いてありますし、音読したり暗記したりするのにも時間がかかります。

取り急ぎざっと歴史を概観したいという人にはあまり向きません。

不得意分野が明確になっている人は、そこを重点的に読み込みましょう。

日本語の使い方を意識しながら、事件・事項のつながりを理解していくことが大切です。

(例えば「原因」を表しているなら「~することによって」「~するにともなって」となりますし、同時進行で事件が起きている場合には「●●では~する一方」「同じころ▲▲では~」といった表現方法をまねしてみましょう)。

 

使い方&勉強法②世界史の答案の仕上げとして活用する

 

この本はあくまで参考書なので問題演習はついていません。

対策として読み込むのは有効ですが、同時に自ら問題を解いてみることが必須です。

模擬試験の答案が返ってきたら、自分がどのポイントで点を落としているのかしっかり確認します。

(因果関係を間違っていたのか、年号を誤認していたのか、表現力が足りなかったのかなど)

そして「詳説世界史研究」を見ながら、もう一度答案を作ってみましょう。

そうしてできた答案を模範解答と照らし合わせてみるもよし、できれば先生に添削してもらうとよいです。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 実力をつける世界史100題の使い方と勉強法【早稲田慶應レベル】
  2. 1分間世界史1200の評判・評価と効果的な使い方&勉強…
  3. 荒巻の新世界史の見取り図の難易度と使い方&勉強法【東大…
  4. ヨコから見る世界史の難易度と使い方&勉強法【東大早稲田慶應レベル…
  5. ナビゲーター世界史Bの使い方と勉強法【早稲田慶應レベル】
  6. 青木世界史B講義の実況中継の評価と使い方と勉強法【早稲田慶應レベ…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!