【経済学部日本史】立教大学経済学部の日本史の傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は237秒で読めます。

立教大学経済学部日本史で8割を取る勉強法

 

立教大経済学部の日本史

立教大学経済学部の日本史の出題傾向

 

経済学科と会計ファイナンス学科・経済政策学科の入試日程が異なることから、立教大学経済学部の入試問題は二種類あります。

いずれも全体は大問2題で構成されており、それぞれが長文をもとにした出題がなされるという形式は不変です。

これら長文の特徴は、例えば法制度について古代から現代までの概略が述べられるなど、いわゆるテーマ史からの出題がなされていることです。

扱われているテーマに関して見てみると、政治外交史、経済史、法制度史、文化史など多岐にわたっています。

さらに、どれか一つのテーマのみではなく、政治外交史と文化史、経済史と社会史など複数のテーマが複合した出題が多いことが特徴です。

とりわけ文化史に関しては、宗教・文学・美術など万遍なく出題されています。

 

出題形式に関して見てみると、長文内の空欄補充(記述式)、正誤問題、年代順の並び換え問題、地図・図表・写真を用いた問題などが多いです。

これらに代表されるように、比較的受験生が苦手とするような出題形式が多く、事前に慣れておかないと入試会場で相当焦ることになります。

 

立教大学経済学部の日本史のレベル

 

要求される知識水準に関して見てみると、一般的な参考書の知識で十分対応できるレベルです。

石川日本史などの代表的な参考書をしっかりマスターしていれば80%程度の得点は期待できます。

しかし先述したような、記述式や正誤問題などの様々な出題形式によってミスや考え違いが生じ、思うように得点できない受験生が多いと考えられます。

 

立教大学経済学部の日本史の対策のコツ

 

時代や文化ごとに整理する

 

時代や分野ごとの知識を定着させることが日本史で高得点できるようになる前提となります。

その際に注意しておきたいことは、文化史、社会史、経済史など、日頃の学習ではとかく軽視しがちな領域の歴史も後回しにしないことです。

これらいずれの分野も確実に出題されますから、後回しにして変な苦手意識を抱くようになることは避けたいところです。

 

テーマ史の問題に多く触れる

 

次にやらなくてはいけないことはテーマ史の出題に慣れることが必要になります。

そのためには数多くのテーマ史の問題を解くことが大切です。

具体的には、他学部も含めた立教大学の過去問を実際に解いていくことです。

その際、ただ問題の正誤をチェックするだけではなく、自分が知らなかった知識や視角についてはメモを取るなどして、知識としてしっかり定着させておくことが大切です。

 

頻出の出題傾向を抑える

 

次に重要なことは出題形式に慣れることです。

史実を覚えているにもかかわらず、正誤問題や並び換えで得点できない場合は、こうした形式の問題に慣れていないと言えます。

センター試験の問題を解いてみることから始めて出来るだけ多くの問題に触れることが大切です。

記述式や地図・図表・写真問題に関しては日頃の学習姿勢が反映されます。

史実を暗記する際に書きながら覚えることが記述式問題への対応になります。

また教科書に掲載されている地図・図表・写真も丁寧に目を通す作業を習慣化しておけば、こうした問題に触れても落ち着いて正解を導くことができるようになります。

また立教大学経済学部の日本史では、問題文が長いというのも特徴ですので、落ち着いて正解を導くことが出来るように、演習を繰り返してください。

 

立教大学経済学部の日本史の対策法まとめ

 

以上の対策を行う際に重要なことは、ただ一通りの学習では力は身につかず、いずれの対策も何回も反復する必要があることです。

間違えた問題を次に解くときにはしっかりと正解できるようにする、あるいは一度で覚えきれなかった史実は4回、5回と反復して覚えるという作業を通じて実力は向上していきます。

このことを意識して根気強く対策を行っていくことが合格への鍵となります。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【教育学部日本史】早稲田大学教育学部の日本史の傾向と対策&勉強法…
  2. 【関学文学部日本史】関西学院大学文学部の日本史の傾向と対策&勉強…
  3. 【文学部日本史】日本女子大学文学部の日本史の対策&勉強法!
  4. 一橋大学商学部日本史の過去問の傾向と論述対策&勉強法【商学部日本…
  5. 【商学部日本史】早稲田大学商学部の日本史の正誤や論述記述の対策&…
  6. 甲南大学法学部日本史の傾向と難易度と対策&勉強法【法学…
  7. 【法学部日本史】駒澤大学法学部の日本史の過去問の傾向と対策&勉強…
  8. 慶應義塾大学文学部の日本史の傾向と難易度と対策&勉強法…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!