【経営学部世界史】立命館大学経営学部の世界史の難易度と傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は228秒で読めます。

立命館大学経営学部の世界史で8割を取る対策&勉強法

 

立命館世界史

立命館大学経営学部の世界史の難易度と傾向

 

 過去問から見る傾向

 

記述式の空欄補充問題が中心です。

4つの大問で構成されており、前半は空欄補充問題で、後半は一問一答形式になっています。

地域別で見ると、中国史が頻出で特に難易度が高いです。

相関関係や文化史が複雑なため重点的に勉強しておく必要があります。

全体としては、時代問わず幅広い地域について出題されています。

 

難易度

 

難易度は標準~やや難レベルです。特に先述した中国史の難易度が高めなことが多いです。

記述式であることから正確な知識が求められますが、教科書レベルを満遍なく対策しておけば解ける設問も多いです。

 

立命館大学経営学部の世界史の対策&勉強法

 

記述の対策は必須

 

立命館大の世界史は記述式です。

そのため曖昧な知識ではなく、正確な知識が求められています。

特に世界史は膨大な暗記量がありますので、短期間での付け焼き刃のような知識では入試に対応できません。

ですから、普段の学校での定期テストの段階から着実に覚えていくことをおすすめします。

特に、頻出分野である中国史で点数を確実に取るためには、人物名や地名を正しい漢字で書けることが求められます。

普段から「書く」ことで覚えるのが重要になります。

中国史の問題は常用漢字でないものも出題されるので、要注意です。

 

一通り歴史の流れを学習したら、一問一答などを利用して、知識の定着をはかるようにしましょう。

その後、入試問題に近いような文章穴埋め形式の問題集を記述で解いておくと万全です。

問題慣れしてきたら、過去問に取り組みましょう。

また、地図を使った位置問題や、写真と遺跡を結びつける問題など、資料集を見ていないと解けないような問題も出題されます。

そのため、普段からこまめに資料集で都市の位置や文化史を確認しておくとよいでしょう。

 

中国史の勉強法

 

本学部では必ずと言っていいほど中国史が一題出題されます。

しかも難易度も高いので重点的に学習しておくことが必要です。

中国は王朝の移り変わりが多く、国家の制度が頻繁に変わるので、各王朝がどのような特徴を持っているのかを整理して覚えておかなければなりません。

まずは一つ一つの王朝をどんな皇帝がどんな政策を打ったのかを穴埋め形式の問題集などで確認しましょう。

その後、それぞれの王朝を比較して、なぜそのような政策転換を図ったのか、他国とのつながりはどうか、といったように時代の幅を広げて学習していくと理解が深まります。

 

一問一答形式の問題集で対策する

 

各設問の最後には、本文の下線部に関連したことを答えていく問題が5問ほどあります。

この手の問題は、一問一答問題集を繰り返すのが一番です。

特にこの部分では資料集の隅に載っているような細かな知識が問われることが多いので、出題率が低いとされる用語にも目を通しておきましょう。

そして記述できなければ得点につながらないので、用語を正しく書く練習も欠かさないようにしてください。

 

文化史の対策は不可欠

 

意外と見落としがちなのが文化史です。

本学部では、大問1つが文化史になることもあります。

覚えておけば点数に直結する分野ですので、必ず対策が必要です。

傾向として歴史の流れから派生して問われることが多いので、文化史を独立したものとして学習するのではなく、政治史とのつながりを意識しながら理解を深めるといいでしょう。

絵画や建造物の写真と共に出題されることが多いので、資料集で作品と製作者を結び付けて覚えるようにしましょう。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【京大法学部世界史】京都大学法学部の世界史の傾向と対策&勉強法
  2. 【法学部世界史】慶應大学法学部世界史の傾向と対策&参考…
  3. 【東大文一世界史】東京大学文科一類の世界史の傾向と勉強法&論述対…
  4. 立教大学文学部の世界史の傾向と記述論述対策&勉強法【文学部世界史…
  5. 【社学世界史】早稲田大学社会科学部の世界史の傾向と対策&勉強法
  6. 明治大学文学部の世界史の傾向と論述対策&勉強法【文学部世界史】
  7. 【政経世界史】早稲田大学政治経済学部の世界史で8割を超える対策法…
  8. 同志社大学商学部の世界史の傾向と難易度と対策&勉強法【商学部世界…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!