超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

横浜市立大学国際総合科学部の英語の傾向と対策&勉強法【国際総合科学部英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

248秒で読めます。

横浜市立大学国際総合科学部の英語のハイレベルな対策&勉強法

 

慶應商日本史

横浜市立大学国際総合科学部の英語の傾向と難易度

 

横浜市立大学国際総合科学部、国際教養学系・国際都市学系の英語試験問題は大問3問で構成されています。

三問とも読解問題で解答形式は記述式です。

問いの内容は内容・事項説明、英文和訳、和文英訳、抜き出しです。

多面的な英語力が問われるのです。

なお、ほとんどの問いに制限字数が設けられていないのが特徴です。

 

話題は学術的なものも身近に思えるものもあります。

問題文のワード数の合計は2200字程度です。

これに対して試験時間は90分です。

記述式ということを考えると、時間にゆとりがあるとは言えません。

問題文中の単語の注がありますが、意味も英語で書かれているので注意が必要です。

注の無いものにも難単語が含まれます。

解答を作成するためには文章を本質的に理解し、正確に表現する必要があるため、全体的に難易度は高いです。

 

横浜市立大学国際総合科学部の英語の対策&勉強法

 

内容・事項説明の対策&勉強法

 

まず、問いの大部分を占める内容・事項説明です。

文章中の傍線部についての説明と文章全体の論旨を踏まえて説明するものがあります。

まず問題文を読む前に必ず問いを確認してください。

何を聞かれているのか意識しながら読み、解答作成に不要な要素は軽く読み流すようにします。

そうすることで時間短縮にもなります。

 

解答を作成するのに使えそうな部分には印をつけておくことを推奨します。

解答を作成する時はその印を付けた部分を使って明快な文章を書きます。

この時、文字数制限がないため、関連する要素は漏れのないようにして、なるべく詳しく書くようにします。

ただし、一文が長くなりすぎないようにするために要素を整理しながら適宜接続語を用いるなどして文章を区切ってください。

文章全体の論旨を踏まえた要約問題ではこれに加えてもう1つコツがあります。

それは段落ごとの内容をつかむことです。

忘れないように読みながら軽くメモすると良いです。

段落ごとの内容をつかんでいれば解答を構成するのがスムーズになり、長めの論述問題にも対応しやすくなるはずです。

 

英文和訳問題の対策&勉強法

 

次に英文和訳問題です。

文構造、単語共に難しいものが多々あります。

対策としてはまず文法事項を早めに完成させ、多くの文章を訳してみることです。

この時ただ長い文章を訳せばよいのではなく、他大学(主に国公立大学)の過去問の和訳問題部分、模試の和訳問題部分などの良問に触れることが重要です。

また、訳さなければならない文章の中に分からない単語がある時に、その単語を訳さないということをしてはいけません。

その単語の修飾句や前後の文脈から推測するのです。

それでも分からない時は適当にでも書いてください。

全て記述式の横浜市立大学の問題ではとにかく書く努力をすることが大切です。

 

和文英訳問題の対策&勉強法

 

時制など基本的な文法事項を理解し、使いこなす力が問われます。

まれに表現しにくいフレーズがありますが自分の言葉を使ってその意味に近づけられるようにしてください。

訳す内容としてはオーソドックスな形が多いため、英作文に使える例文や頻出の表現が載っている参考書や問題集を活用すると良いでしょう。

過去問を解いた際には添削してもらいましょう。

 

横浜市立大学国際総合科学部の英語の傾向と対策&勉強法まとめ

 

文章を本質的に理解することが必要な問題が多いため高度な読解力を要します。

さらに論理的な文章を作成することも必要なので、現代文対策をすることも役立ちます。

問題傾向が変わった年度は近年では見られないので過去問演習が有効です。

国公立大学の読解問題の典型とも言えるので国公立大学の過去問を活用するのも1つの手です。

その際上に書いた解き方を実践し、身に着けてください。

大問1問につき30分の時間配分が目安ですが、実際に過去問を解いてスピードを上げてください。

そして早い段階から語彙力を増強することがとても重要です。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別英語の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら