【東大理一英語】東京大学理科一類の英語の入試問題の傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は235秒で読めます。

東京大学理科一類の英語で8割を取る勉強法

 

東大理1英語

東京大学理科一類の英語の出題傾向

 

東大英語は次のように5つの大問からなり、それぞれの大問は(A),(B),(C),…といったいくつかの問題に分かれています。

近年の出題傾向は次のようになっています。

 

大問1: (A) 英語の文章の日本語要約問題 (B) 段落整序か空欄補充

※ (B) は2017年に行われた入試で形式が変化し、適語補充の問題が加えられました

大問2: (A),(B) ともに英作文

大問3: (A),(B),(C) すべてリスニング

大問4: (A) 文法問題(記号選択) (B)下線部和訳問題

大問5: 小説読解 (時々エッセイ調の文章が出題されることもあります。2016年度は論説よりの文章で、2017年度は小説でした)

 

東京大学理科一類の英語は「制限時間」がとにかく厳しい

 

問題自体の難易度はそれほど高いわけではありません。

例えば制限時間を規定の120分から150分に拡大したとすれば高得点層が間違いなく厚くなります。

言い換えると東大英語の難易度の高さは問題ではなく「制限時間」にあるのです。

東大英語の試験では、試験時間120分の中試験開始45分後から30分間リスニングが放送されます。

またもちろんリスニング問題の選択肢の下読みも必要ですから、実際はリスニング開始前にある程度の時間が要求されます。

加えて上記の通り、東京大学理科1類の英語は「読む・書く・聞く」の3つの力を総動員しなくてはいけない出題となっています。

このことを考えると、「英語を自分のものとしてすばやく運用する力が求められているため、東大英語は難しい」のだと言えます。

 

東京大学理科一類の英語の対策のコツ

 

とりわけ問題が難しいわけではないということを考慮すると、東大英語に対応するための最も効果的な勉強法は「標準的な問題を高速で扱うトレーニングをする」というものです。

 

ライティング・リーディングの対策

 

まずライティング・リーディングに関して言うと、文法書の例文を暗唱できるようにすることや、単語帳の例文を暗唱できるようにすることがオススメです。

その時思い出すのに時間がかからないレベルまで高めることが大切です。

標準的な問題を素早くこなせるようにすることが、何より時間にゆとりをもって問題に取り組むためには必須となります。

一見ライティングのみにしか例文暗記は効かないと思われがちです。

しかしリーディングにおいても例文暗記で覚えたり理解したりした文法事項が理解の助けとなり、より速く読めるようになるといずれ実感できるはずです。

 

リスニングの対策

 

またリスニングについては、背伸びしてネイティブ向けニュースなどを聞く必要はありません(もちろん聞いて理解できるに越したことはありませんが)。

その代わりに、CNN 10(昔のCNN Student News)やNHKの英語放送のPodcastを聞くことがオススメです。

これらは東大英語リスニングよりちょっと早めくらいのスピードで放送されていますから、聞き取れるようになれば自信を持って入試に臨めるでしょう。

ちなみにCNN10はスクリプトもオンラインで見ることができますから、ぜひ活用してください。

リスニングに自信がない人については、とにかく自分の単語帳に対応したCDを聞き続けましょう。

またできればシャドーイング・オーバーラッピング・ディクテーションなどのトレーニングもするのが好ましいです。

時間はかかりますが、聴解力は着実に上昇していくはずです。

 

東京大学理科一類の英語対策まとめ

 

東京大学理科一類の狭き門を通過するためには英語が肝要です。

英語に限ってはとにかく「簡単なものを素早くこなし、難易度が高そうなものにゆっくり着手する」ための英語力や時間配分を研究することが、その攻略の近道となります。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 甲南大学マネジメント創造学部の英語の傾向と対策と勉強法!
  2. 【日大攻略!】日本大学法学部の英語の傾向と合格点を取る対策&勉強…
  3. 【人科英語】早稲田大学人間科学部の英語の傾向と対策&参考書勉強法…
  4. 明治大学文学部の英語の傾向と難易度と勉強法&記述対策【文学部英語…
  5. 【仏教学部英語】 駒澤大学仏教学部の英語の評判と難易度と対策法!…
  6. 青山学院大学(青学)経営学部英語の傾向と対策&勉強法【…
  7. 【京大工学部英語】京都大学工学部の英語のレベルと傾向と対策&勉強…
  8. 【法学部英語】名古屋大学法学部の英語の参考書を使った対策法!

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!