【東大理一物理】東京大学理科一類の物理の過去問の傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は20秒で読めます。

東京大学理科一類の物理で8割を取る勉強法

 

東大理1化学

東大の中では難易度が低い物理で得点を稼ぐ

 

東大物理は数ある東大入試の科目の中でも比較的難易度が低いことで定評があります。

物理の試験は化学のように分量もそう多いわけではなく、数学ほど難易度のブレが大きいわけでもありません。

その点で理科一類の入試を通過するための肝となるのは、安定して点が取れやすい物理であると言えます。

 

東京大学理科一類の物理の傾向

 

具体的な出題傾向としては、第一問は力学で第二問が電磁気、第三問は熱力学または波といったパターンの問題セットが多いです。

また近年は問題1つ1つの難易度が落ちつつある反面、問題数が増えている傾向にあります。

ですからこれからの受験生には問題をより素早く理解し、問題を解くスキルが要求されるでしょう。

 

またすべての分野の問題に共通して言えることですが、東京大学の物理は「あまりみられない題材」をよく出題してきます。

2017年度入試第一問の「ジェンガ」問題(詳しくは実際の入試問題を見てください)がその一例です。

それに加えて東大物理は、(1)でコケてしまうとその後の全てがうまくいかないような出題方法であることが多いです。

そのため正確な計算力、また本番でもそれを発揮する精神力が欠かせない要素となってきます。

以上ここまでの東大物理の傾向を一言でまとめると、「未知の題材をより素早く・正確に処理する技術が求められる入試問題」と言えるでしょう。

 

東京大学理科一類の物理の対策のコツ

 

理科一類受験者にとって失敗することのできない「物理」は、未知の題材が出題されやすい分対策の取りようがなく見えてしまうかもしれません。

しかし逆に考えてみてください。

未知の題材を出すということは、「それまでの基本事項がしっかりと理解できてさえいれば、十分試験会場で対応できる難易度の問題しか出題しない」ということでもあります。

よって東大物理の対策は、基本的に「教科書レベルの深い理解」から始めることをオススメします。

そのときに大切なのが「微積分から逃げない」ことです。

例えば共振現象や空気抵抗がある場合の運動などについては高校物理において定性的な理解しか得られませんが、微積分を使うことさえ出来れば時間と結びつけた運動を記述することができます。

東大物理では記号問題として定性的な理解が問われることもありますから、微積分を用いて思考できるようになると、そのような問題でも周りの受験生に1歩差をつけることができるのです。

 

確かに教科書では微積分を使った何らかの導出は少ない(せいぜい万有引力の位置エネルギーの定義程度)です。

また東大物理の問題自体も微積分無しで解けるよう配慮はされています。

とは言っても基本的に、教科書に載っている多くのことが微積分を用いて導出された結果の表象に他なりません。

どうせ大学入学後は微積分を用いて物理の学習をするのが普通になるのですから、高校生だからと逃げずに、ぜひ微積分を使った物理に挑戦してみてください。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 慶應義塾大学理工学部の物理の難易度・傾向と参考書を使った対策&勉…
  2. 名古屋大学理学部の物理のレベルと過去問の傾向と対策&勉強法【理学…
  3. 【過去問研究】早稲田大学創造理工学部の物理の対策と勉強法!
  4. 【過去問研究】上智大学理工学部の物理の傾向と対策用参考書と勉強法…
  5. 【京大農学部物理】京都大学農学部の物理の傾向と対策&勉強法
  6. 【偏差値65】早稲田大学基幹理工学部の物理で合格点を取る対策と勉…
  7. 物理教室(河合塾)の難易度と使い方&勉強法【東大レベル…
  8. 【物理対策】同志社大学理工学部の物理の過去問の難易度や傾向と問題…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!