超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

早稲田大学文化構想学部の日本史の傾向と記述対策&勉強法【文化構想日本史】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

227秒で読めます。

早稲田大学文化構想学部の日本史の傾向と対策&勉強法

 

早稲田大学文化構想学部の日本史

早稲田大学文化構想学部の日本史の難易度

 

文化構想学部の日本史は早稲田大学の中では易しい部類に入ります。

そのために高いレベルでの点の取り合いになってきます。

教科書レベルの問題を1つでも落とすとかなりの痛手になってしまいます。

漏れのないように勉強していきましょう。

 

早稲田大学文化構想学部の国語の傾向

 

大問4問、試験時間60分、配点は50点になっています。

記述式マーク式の問題が出されます。

記述式の問題は語句の書き取りで、論述等は出題されません。

大問4問全てが基本的にテーマ史からの出題です。

1つのテーマに沿ったリード文を読み、文章中の下線部や空欄に関連した問題を解くスタイルです。

選択問題では、誤っている文や正しい文を2つ選ばせるものもあり、注意が必要になります。

また、取り扱う時代は広く、特定の時代だけが出る、といったことはありません。

 

早稲田大学文化構想学部の国語の対策と勉強法

 

テーマ史対策がカギ

 

文化構想学部の日本史では、必ずテーマ史が出題されています。

一度通史が終わったら、テーマ史から手をつけましょう。

先述のとおり、文化構想学部の日本史は難問が少ないです。

ですから対策は教科書で十分です。

 

政治史、宗教史などメジャーなところから始めてみてください。

年表のように1つのテーマについてまとめていく方法をお勧めします。

教科書から該当する部分を抜き出し、ノート等にまとめましょう。

その際、必ず教科書の欄外や掲載されている史料にも目を通し、その部分もきちんとまとめましょう。

欄外からの出題は難関私大では多くみられます。

どんなテーマをやれば良いのかわからない人は、他学部や他大学の問題を参考にしてどんなテーマが扱われているのかをチェックしてみてください。

このテーマ史の勉強は必ず一旦通史を終えてから始めるようにしてください。

そうしないと全体の流れが見えにくく、本質的な理解から遠のいてしまいます。

テーマ史もある程度カバーできたら、用語集一問一答形式の問題集で細かい知識を補強していきましょう。

 

選択問題の対策と勉強法

 

選択問題は問題中の多くを占めます。

選択問題で難しいのはダミーの選択肢が用意されており、早稲田の日本史では特にそれらの正誤が判別しにくいという点です。

さて、これらの問題のアプローチの仕方ですが、消去法で解いていくことをお勧めします。

これが正解だ、と思っても、きっちりひとつひとつの選択肢を確認するようにしましょう。

 

練習として良い方法は、例えば短文が5つあり、この中から正しい文を選べという選択問題を解くときに、正解だと思う文以外の文の間違っている部分にチェックを入れることです。

そして解き終わったら、自分のチェックしたところが間違った記述の根拠になるかどうかを確認します。

もし模範解答に自分の予想と異なる解説がされていたら、そこを徹底的に詰め込みます。

誤文は語句と語句の組み合わせがおかしくなっていることがほとんどです。

なぜ正しい組み合わせを選べなかったのかを考え、ダミーの選択肢を見抜く力を身につけましょう。

 

早稲田大学文化構想学部の国語の傾向と対策&勉強法まとめ

 

文化構想学部の日本史は細かい知識はそれほど要求されませんが、文章を落ち着いて読んだり、漢字を正しく書き取ったりするなど国語的な力が要求されます。

文学部の日本史も似ているところがあるので参考にするのも良いでしょう。

頻出の問題形式を抑え、少しでも多くの点を稼げるようにしましょう。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別日本史の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら