【人科数学】早稲田大学人間科学部の数学の傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は212秒で読めます。

早稲田大学人間科学部の数学で8割を取る勉強法

 

早稲田大学人間科学部の数学

早稲田大学人間科学部数学の問題構成

 

早稲田大学人間科学部は早稲田大学の他の学部とは試験時間が異なり60分となっています。

大問数は5問となっていますので、早く問題を解く力、計算力が問われます。

特に、問題を早く解く力がない場合、全ての問題を解き終わることが不可能となってしまいます。

もちろん、全ての問題に正解する必要はありませんので、自分の得意単元で確実に正解を出す力をつけることで合格を近づけることができます。

まずは合格するために必要な6割の正解を目指して、得点源の単元を作っていきましょう。

 

早稲田大学人間科学部の数学の出題傾向とレベル

 

出題内容は年度によって異なり、満遍なく出題されている傾向にあります。

難易度は標準レベルとなっています。

他大学や早稲田大学の理工学部系を受験される方が多い現状から考えると、人間科学部の問題が初見になることはまずないと言えます。

参考書や問題集でも頻出の内容となっていますので、演習を繰り返すことが合格への近道です。

出題内容は【確率】【複素数】【ベクトル】【微分積分】【極限】【関数】です。

特に数Ⅲの分野である微分積分極限に関しては頻出単元です。

 

早稲田大学人間科学部の数学の勉強法

 

微分積分・極限の学習は毎年出題されていますので、必須になります。

まずは教科書で構わないので、基本問題・標準問題をスムーズに解けるようになるまで練習をしましょう。

次に、市販で販売されている網羅系の参考書を通じて計算力を上げることに努めましょう。

入試問題の中には計算量の多い問題があります。

計算力を上げることに特化した参考書も販売されていますので、それでも代用可能です。

 

次に微分積分の学習についてです。

数Ⅲの内容は数Ⅱの内容をベースとしていますので、数Ⅱの範囲で学習している関数・微分積分の性質・グラフについては完璧な状態になってから取り組みましょう。

数Ⅲの学習範囲は大きく分けて積の微分・商の微分・合成関数・置換積分・部分積分の5パターンになります。

数Ⅱの延長線上にあるものですが、やはり計算量が格段に増えます。

計算量が増えるため「ミスを防ぐ」対策が必要です。

 

 

入試本番は時間制限があります。

一つの問題で解答を出すのにかかる時間を把握し、普段から時間を意識した学習に取り組みましょう。

 

正解不正解に限らず、解き終えた問題の見直しをしましょう。

可能ならもう一度解き直しを行い、解答手順を覚えていきましょう。

特に、計算を省略することで解答を出すことができる解き方があれば、その方法をマスターすることをお勧めします。

それは人間科学部の問題では多くの場合、別解が存在し、楽に解答を出すことができるパターンが多いからです。

 

早稲田大学人間科学部数学のまとめ

 

早稲田大学は多くの予備校で対策を講じています。

大手予備校で行っている早大プレに参加し、経験値を重ねることでより合格に近づいていきます。

その際は時間配分を意識し、確実に解答できる問題から取り組んでいきましょう。

これは入試本番でも効果的です。自分が解ける問題を見極め、最大限のパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【東工大1類数学】東京工業大学1類の数学の傾向と対策&勉強法
  2. 日本大学生物資源科学部数学の傾向と難易度と対策&勉強法…
  3. 【傾向研究】早稲田大学基幹理工学部の数学で8割取る対策と勉強法!…
  4. 上智大学理工学部の数学の難易度と傾向と8割取る対策&勉強法
  5. 【理工学部数学 】明治大学理工学部の数学の難易度と傾向と対策&#…
  6. 【東大理三数学】東京大学理科三類の数学の傾向と対策&勉強法
  7. 【理工学部数学】同志社大学理工学部の数学の傾向と対策&勉強法
  8. 【教育学部数学】難しい早稲田大学教育学部の数学の傾向と対策&勉強…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!