超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

大学受験 小論文の対策と勉強法

【スポ科小論文】早稲田大学スポーツ科学部の小論文の回答の対策&勉強法

投稿日:


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

37秒で読めます。

早稲田大学スポーツ科学部の小論文で8割を取る勉強法

 

早稲田スポ科学部数学

早稲田大学スポーツ科学部の小論文の配点と出題傾向

 

配点は33点 試験時間は90分となっています。

文字数は801字から1000字となっており、解答を作成しやすい文字数だと言えます。

全科目合計点は183となり、他の科目が75点であることを考えると、小論文の配点は低めに設定されています。

 

早稲田大学スポーツ科学部の小論文の出題テーマ

 

早稲田大学において唯一、小論文が出題されるのがスポーツ科学部です。

小論文に出題されるテーマは、「スポーツの社会的な発展」「スポーツの未来と関係者の幸福」などになっています。

2016年のテーマは「運動部の活動の課題」

2015年のテーマは「スポーツの社会的意義」

2014年のテーマは「スポーツ振興の課題」

2015年までは、資料が与えられ、資料を読んだ上で解答するという形式でしたが、2016年においては資料はありませんでした。

今後、資料が与えられるケースに戻るか、資料が与えられないケースが続くのか断言はできませんが、2014年が資料が2つ、2015年が資料が1つ、2016年は資料なしと、資料の数を少しずつ減らしてきていることから、資料が与えられないケースが続く可能性は高いでしょう。

 

早稲田大学スポーツ科学部の小論文の対策のコツ

 

スポーツに関する情報の収集を行う

 

まず小論文を書くには、それ相応の知識が必要となります。

中にはその場で考えるものだというイメージを持っている方もいると思いますが、短い試験時間の中で、その場の思いつきで書くのは厳しいと言えます。

そのため普段から積極的に情報収集を行っておく必要があります。

スポーツに関する情報はテレビや新聞では、なかなか集まらないものです。

そこでインターネットを利用して、スポーツが抱える問題についての情報を調べることをおすすめします。

検索エンジンで「スポーツ 問題」で検索するだけでも多くの情報が手に入ります。

 

小論文の「型」を身体にしみこませる

 

次に小論文を書く際に、多くの学生が悩む点についてふれていきます。

それは、「規定の文字数に到達しない」ということです。

文字数が足りないために、思いついたことを、とにかく並べてしまうために、最終的には何が言いたかったのかがわからない文章になってしまうというのが、良く見られるケースとなります。

これを改善するために「起承転結」と「具体例や言い換え表現」を意識しましょう。

 

「起承転結」と言われてもピンとこないかもしれませんが、「起」は文章のテーマになります。

書き出し部分のことで、これから何について書くかを提示する部分です。

「承」とは、自分の意見と違う意見になります。

文字数が不足してしまうケースとして、「承」の部分がないケースが多く見られます。

小論文では、自分の意見だけを述べていくのではなく、他の人の意見にも触れておくことが必要になります。

「転」は自分の意見を述べる部分になります。

一度、「承」の部分で他の人の意見も考慮しておきながら、自分の意見を述べていくという展開になります。

「結」はまとめの部分になります。

 

具体例や言いかえで文字数を稼ぐ

 

「起承転結」で、一番大事な部分は、「転」になります。

文章の中でこの部分がもっとも長くならなければなりませんが、文字数が足りないケースに多く見られるのが、具体例や言い換え表現を使わないことです。

実際に自分が経験したことや、ニュースなど実際に起こったことなどの具体例を書くことが文字数を稼ぐ上で重要になります。

また再度、言い換え表現を使うことも重要です。

具体的には、

「健康寿命を延ばすために、社会人になってもスポーツを続けることが重要だ。

スポーツを続けることで、筋肉が衰えるのを防ぎ、高齢になっても活発に活動でき、寝たきりの生活を避けられるからだ。」

と終わってしまうのではなく、それに続けて、

「私の地元には○○クラブという社会人のランニングクラブがあり、そこに所属しているメンバーの中には、すでに70歳になる方もいるが、今でも地元のマラソン大会に出場して完走するほど活発に活動しています。

またクラブのメンバーとの交流を、心から楽しんでいます。」

と書いていくと、どんどん文章が広がっていきます。

さらに、言い換え表現で、「このように、社会人になってもスポーツを続けていくことで、体力の衰えを防ぐばかりか、社会と触れ合う機会も手に入れることができるのです。」とつなげていくことができます。

文字数が足りなくなって困ってしまうことを防ぐために、具体例や言い換え表現を使いこなせるように練習しておきましょう。

大和@受験講師

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 小論文の対策と勉強法
-, ,

人気記事一覧