【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

大学受験 古文の対策と勉強法

富井の古典文法をはじめからていねいにの評判と使い方とCD勉強法【センター~早稲田レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

249秒で読めます。

富井の古典文法をはじめからていねいにの使い方&勉強法

 

富井の古典文法をはじめからていねいにの使い方&勉強法

 

富井の古典文法をはじめからていねいには、大学受験の古典文法の参考書の中でも、1,2を争う人気の参考書です。

人気の秘密は、とにかく丁寧というところにつきます。

私は受験生時代、富井の古典文法をはじめからていねいに以外に、古典文法のインプットはしませんでした。

この1冊を、受験本番まで復習し続けました。

そして早稲田大学の教育学部の古文で、満点を取りました。

あなたもぜひここで、富井の古典文法をはじめからていねいにの使い方を知り、古典文法でガンガン得点を稼いじゃってくださいね!

 

 

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

富井の古典文法をはじめからていねいにの特徴とレベル

 

富井の古典文法をはじめからていねいには、語り口調で書かれているので、授業を受けているような気分で勉強できます。

ゼロからとっても丁寧に、古典文法を勉強できるので、初めて古文を勉強する受験生にぴったりです。

古典文法を暗記するためのCDもついていて、とっても楽しく勉強できちゃいます。

かわいらしいキャラクターも登場し、やる気を引き出してくれます。

古典文法の知識ゼロからの状態から、早稲田大学や難関国公立レベルの、古典文法力が身に付きます。

 

>>早稲田大学教育学部の古文で、満点を取った勉強法はこちら

 

富井の古典文法をはじめからていねいにの使い方と勉強法

 

使い方ステップ①まずは説明を読む

 

まずは1章分の説明をしっかりと読み、深く理解しましょう。

丸暗記ではなく、理屈を理解するように心がけてください。

何章も読み進めていると、少しずつ勉強が粗くなってしまうので、1章ずつ勉強しなければいけません。

 

使い方ステップ②暗記する

 

1章分理解したら、その章の暗記事項をインプットしましょう。

この時には、CDを活用することをおススメします。

古典文法はとにかく覚える量が多いので、地道に覚えていくと膨大な時間がかかってしまいます。

配点の低い古典に多くの時間をかけるのは、コストパフォーマンスがよくありません。

古典はできる限り短時間で勉強し、英語やほかの教科に時間を費やしたいですよね。

 

なのでCDを使って、リズムで覚えてしまうのが良いんです。

CDを繰り返し聴いていくと、自然と頭に古典文法が入っていきます。

苦しまずに覚えられちゃいますよ。

 

使い方ステップ③練習問題を解く

 

1章分のインプットが完璧になったら、練習問題に取り組みましょう。

インプットした知識の中から、問われた知識を引き出して、答えるのは簡単ではありません。

特にCDを使って覚えていると、問われた知識を引き出すのに、少し時間がかかります。

ですので練習問題でアウトプットをして、慣れていきましょう。

 

使い方ステップ④定期的に復習する

 

古典文法は覚えるべきものが大量にありますから、復習をおこたるとすぐに忘れてしまいます。

最後のページについている暗記表を持ち歩いて、暇なときにチェックしておきましょう。

一度忘れてしまうと覚えなおすのに時間がかかってしまいますので、忘れる前に暗記表に触れるようにしてください。

この作業を定期的に行っていけば、古典文法はばっちりです。

 

富井の古典文法をはじめからていねいにが終わったら

 

富井の古典文法をはじめからていねいにが終わったら、インプットした知識で、得点を稼げるようにしていきましょう。

古典文法はインプットしても、実際の問題ですぐには得点できません。

実践的な形でアウトプットして初めて、インプットした古典文法が得点につながります。

「ステップアップノート30古典文法トレーニング」など、古典文法のアウトプット用の参考書を1冊勉強しましょう。

たくさんの量をアウトプットできるので、インプットした知識の復習にもなります。

 

>>ステップアップノート30古典文法トレーニングの使い方と勉強法はこちら

>>早稲田大学教育学部の古文で、満点を取った勉強法はこちら

 

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













人気記事一覧