超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【文学部英語】学習院大学文学部の英語の難易度・傾向と対策用参考書


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

32秒で読めます。

学習院大学文学部の英語で8割を取る勉強法!

 

 

習院大学は近年「GMARCH」と括られるようになり、MARCHと同レベルの難易度になっています。

倍率が高いうえに、問題も特徴的であるため、しっかりと対策を立てて入試に挑まなければ、合格することは難しいでしょう。

逆に、問題が特徴的である分、しっかりと対策を立てれば、ほかの受験生と大きく差をつけることができます。

結果として、偏差値が足りなくても滑り込める可能性は十分にあります。

なので、この記事では「学習院大学文学部の英語の完全攻略法」をお伝えします。

最後まで読んで、学習院大学合格を勝ち取ってください!

 

学習院大学文学部の英語の特徴

 

学習院大学文学部は

長文問題3題

文法問題3題

和文英訳問題1題

の計7題になっています。

制限時間は90分なので、素早く問題を解く能力も必要になります。

 

長文問題の対策用参考書

 

学習院大学の英語長文は、文章の主題がとりやすく、難易度もさほど高くはありません。

しかし、時間制限が厳しく、焦ってしまうと正確に理解できなくなってしまいます。

なので、まずは1文1文を正確に読み取る力を身に付け、そこからスピードアップしていきます。

 

そのために、「レベル別英語長文問題集」、「英語長文ハイパートレーニング」などの構文が詳しく解説してある問題集をたくさん解いてください。

そして、解説と同じように構文がふれるようになるまで、なんども構文解釈の練習をしてください。

その後で過去問演習に取り組めば、英語長文は合格点を取れるレベルになっています。

制限時間内に収まらないようであれば、何度も演習を繰り返して、スピードアップを図ってください。

ここまでの勉強がしっかりできていれば、英文和訳問題の対策はしなくても、しっかりと得点が取れるようになっています。

 

英単語・英熟語の対策用参考書

 

英語長文を読むための大前提の知識として、

システム英単語標準編程度のレベル

速読英熟語程度レベル

の内容は完璧に頭の中に入れてください。

学習院大学では多義語が出題されるので、赤字の意味はすべて覚えるようにしてください。

そして、多義語の章もしっかりと勉強してください。

 

また、設問の中には前置詞を埋めさせる問題も出題されます。

demand A () B

の()にforを埋めさせるような問題です。

なので、英単語・英熟語共にセットの前置詞も覚えるようにしてください。

 

英文法の対策用参考書

 

大問4の文法問題は、オーソドックスな問題形式です。

「なぜがわかる英文法の授業」を1冊熟読し、英文法を理解し、付属の問題を解けば合格点を取ることができます。

余力があれば、NextStageなどを1冊完璧にすれば、文法は得点源に出来ます。

 

大問5の文法問題は、正誤問題です。

正誤問題は慣れが必要です。

内容自体は大問4の対策をしていれば解けるはずなのですが、問題を解いてみると意外とミスに気付けないのです。

なので、「スーパー英文法・語法正誤問題」で正誤問題の演習をたくさんして、問題のミスに反応できるようにしてください。

 

和文英訳問題の対策用参考書

 

和文英訳問題は、今まで勉強した知識を総動員して解いていきます。

初めに日本文を英文に直そうとしたときに、

「あれ?書けそうなんだけど、どう表現したらいいんだろう・・・」

という現象に陥ります。

それは、普段英文を和訳する作業はたくさんしているのに、和文を英訳する作業はしていないからです。

なので、まずは英訳アレルギーをなくしていく必要があります。

 

「英作文ハイパートレーニング」で英訳の演習をたくさんしてください。

演習を繰り返すと、日本文を英文に直す際のパターンを自然とたくさん覚えることになります。

そうすると、日本文を英文に訳す作業がスムーズに行えるようになります。

 

学習院大学文学部英語まとめ

 

ここまでが、学習院大学文学部の英語の対策法です。

このような対策を行い、準備万端で入試本番を迎えれば、周りの受験生よりも圧倒的に有利に問題を解いていくことができます。

そうすれば、偏差値が多少足りなくても、しっかりと得点して、合格を手にすることができます。

そのために、まずはもう一度この記事を読み直してください。

そして、明日からの勉強法やスケジュールを修正し、勉強を進めていってください!

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別英語の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら