超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【大学受験選択科目】政治経済は簡単?VS日本史&世界史!!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

17秒で読めます。

政治経済は簡単?日本史&世界史は?

 

政治経済は簡単だ。

そんな声を聞いたことはありませんか?

日本史にしようか、世界史にしようか、政治経済にしようか 悩んでいる受験生も少なくないと思います。

選択した科目によって、受験は大きく左右されます。

つまり、誤った選択をしてしまうと、一向に成績が上がらない可能性があるのです。

そうならないために、今日はあなたにあった選択科目の選び方をお伝えします。

大学受験の選択科目は、政治経済が圧倒的に有利です。

 

・日本史・世界史に比べて圧倒的に勉強時間が少なくてすむ

・英語・国語に時間を費せる

・時事問題対策をすれば、特に早稲田ではかなりのアドバンテージがある

と言うようなメリットがあるからです。
なので、政治経済を選択することをオススメします。

 

しかし、

・時事問題対策がおろそかになると、早稲田はかなり厳しくなる

・慶應・立教・関学など、主要な難関大学の多くが受験できなくなる

・政経アレルギーがあると、内容が頭に入ってこない

といったデメリットもあります。

 

志望校の選択科目を確認してみよう。

 

これらのデメリットと先ほどのメリットを天秤にかけて、自分で判断してください。

大逆転合格を目指すのであれば、時間がかからず、英国に時間を回せる政治経済をオススメします。

まずは今日、自分の志望校を確認し、政治経済が選択できるかを確認してください。

選択できるのであれば、政治経済の教科書や参考書をサッと読んで、勉強が続けられるかを判断してください。

そして、どの選択科目にするかをもう一度じっくり考えてみてください。

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 政治経済の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら