大学受験生物オススメの独学勉強方法!問題集&参考書で偏差値急上昇!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


この記事は235秒で読めます。

暗記がカギ!大学受験生物を得意科目にする勉強法!

 

生物は、幅広く深い知識が必要とされる科目!

難関大程深い知識が求められる!

 

大学受験生物の全体像

 

生物は、理科4科目の中で最も幅広い分野を要する科目です。

「生命現象と物質」、「生殖と発生」、「生物の環境応答」、「生態と環境」、「生物の進化と系統」、「臓器移植」、「DNAの塩基配列を用いた生物の系統推定」などから構成されています。

そのため、センター試験や私大の受験では、幅広い知識を持っておくことが必要となります。

逆に、難関大学であれば、より深い知識がなければいけません。

 

従って、受験勉強は、

基礎→標準→応用

と段階を踏んで勉強しておくことが望ましい科目です。

物理や化学よりも取っ付きやすい科目なので、文系国立大学を目指す場合、センター試験の利用には適した科目とも言えます。

 

センターレベルを目指す勉強法・ポイントとオススメの参考書

 

センター試験では、各分野に偏らないバランスの取れた出題になります。

センターのみの利用の場合は、基礎問題を全体的に学習しておきましょう。

 

先ずは「生物入門問題精講(旺文社)」に取り組んでいきます。

初見で正解出来なかった問題は解答・解説を読み、語彙の内容の理解をします。

日を改めて解き直し、その語彙をきちんと暗記しているか確認しながら進めていきましょう。

最終的に、全ての問題に即答できるようにしてください。

もし余力があれば、「生物基礎問題精講(旺文社)」まで解いておくと、より高い得点を目指すことができます。

 

MARCH・中堅国公立レベルを目指す勉強法・ポイントとオススメの参考書

 

中級者からは、問題のレベルがグッと上がります。

中級者に最適な問題集は、

「生物標準問題精講(旺文社)」

「生物重要問題集(数研出版)」

「セミナー生物(第一学習者)」

です。

これらの問題集を始めるには、センターレベルの問題集を一通り終えていることが前提となります。

センター試験レベルの実力がついたら、これらの問題集に取り組んでいきましょう。

「セミナー生物」→「生物重要問題集」→「生物標準問題集」

の順番で進めていけば、無理なく段階を踏んで先に進む事が出来ます。

 

これらの問題集をすべて完答できるようにしたら、MARCHや中堅国公立などの過去問演習に入ります。

「今までの問題集で復習しきれていない知識」「今までの問題集で出てこなかった知識」をどんどん吸収していきます。

この作業を繰り返すことで、1点ずつ、確実に合格点へと近づいていきます。

 

早慶・難関国公立を目指す勉強法・ポイントとオススメの参考書

 

生物を難関国立大、医学部受験で利用する場合、知識の穴が命取りになります。

特に医学部受験の場合は、高得点の中で合否の分かれ目があります。

物理選択者は満点を採る受験生が出て来るため、生物は1問のミスが命取りになります。

ミスが少ない受験生が生物を制します。

可能な限りの問題集を解き、知識の穴をふさいでおきましょう。

 

早慶の場合、より複雑な問題が出題されます。

中にはイレギュラーな問題も出題されます。

そのため、得点できる問題を確実に取れるように、標準的な問題は即答できるようにしておく必要があります。

また、上級者の場合、理科2科目の受験が必須となります。

理科2科目で苦手分野を設けないことが、合格の最低条件です。

理科2科目の幅広い学習が必要です。

 

大学受験生物まとめ

 

生物は、幅広く、深い知識を持っている受験生が有利な科目です。

化学や物理などと違い、センスにはあまり左右されず、勉強量に比例して点数が上がっていきます。

取っ付きやすいため、文系のセンター利用にはおすすめの科目です。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 田部の生物基礎をはじめからていねいにの評価と使い方&勉強法【セン…
  2. 生物重要問題集の評価と使い方&勉強法【センター~早稲田慶應レベル…
  3. 大森徹の最強講義117講の評価と使い方&勉強法【センター9割レベ…
  4. 生物基礎問題精講の使い方と勉強法【センターレベル】
  5. 大堀に聞け!理系生物達人への道の評判と偏差値が上がる使い方と勉強…
  6. 旺文社生物標準問題精講の使い方と勉強法【センター~早稲田慶應レベ…
  7. みんなのセンター教科書・生物基礎の評判と使い方&勉強法
  8. 【新課程】セミナー生物基礎+生物の使い方と勉強法【センター~早稲…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!