大学受験の数学の公式の覚え方のコツ!証明問題にも応用出来る裏技!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は221秒で読めます。

大学受験の数学の公式を実践的に暗記する勉強法

大学受験の数学の公式の覚え方

数学の公式を覚えることは大学受験で数学を用いる方は最低限おぼえていなければなりません。

ですが高校で習う数学の公式はたくさんあり全部暗記するのは決して簡単なことではありません。

どのようにすれば効果的に公式を覚えていくことができるのかを紹介していきます。

 

公式や定理の成り立ちを理解する

 

公式や定義の成り立ちを理解する事は一番重要なことです。

どの科目にも言えることですが覚えることと理解することは一緒ではありません。

ただやみくもに覚えても結局すぐ忘れてしまいます。

覚える過程で理解するというステップを踏むことは重要です。

どのようにして公式ができたのかを一度は確認する必要があります。

ですがその公式の成り立ちを覚えることは重要ではありません。

重要なのはその公式の成り立ちを一度見てその公式は正しいということを理解しておくことです。

一見公式を覚えるうえで重要でないように見えますが、記憶するときその情報に付け加えてやることで記憶の精度は上がります。

なので一度は成り立ちやなぜ公式として定着するのかを理解しておきましょう。

 

とにかく使って覚える

 

その公式を何回も使うことで書くという動作と見るという動作が何回も繰り返されるわけですから自然と頭に入ってきます。

とにかく使って覚えることが重要になってくるのは何回も使いかつ基礎的な公式です。

例えば積分公式や微分公式、展開公式や因数分解やΣ計算などがあげられます。

このような基本的な計算は一度成り立ちを理解したらあとはひたすら使い続けて覚えましょう。

このタイプの公式はとにかく使うことが大切です。

 

公式として覚えない

 

理屈の理解が必要

 

公式を覚えるためのこの文章ですが、数学において式の形をそのまま覚えないほうが良いものは以外にもたくさんあります。

例えば確率の単元における条件付確率の公式などは全く覚える必要はありません。

特に確率の分野に多いのですがこれらのタイプの公式は公式として覚えることはせず理屈をきちんと理解しましょう。

その公式が結局どのようなことを言っているのかを日本語で覚えるということです。

数学においてこのように言葉で覚えるということが重要になってくることは多々あります。

 

理屈の理解が必要な理由

 

Σ公式なども言葉で覚えたほうが良い公式の一つです。

なぜ言葉で覚えるのがよいかというとそれはその公式が導き出されるまでの過程にあります。

数学の公式は文字であらわされますが、公式によってはその文字が何を言っているのかがあいまいになっていることがある公式も少なくありません。

この時に文字をそのまま丸暗記しているといざ計算するときにその文字がどの値のことを言っているのかわからなくなる時があります。

文字で覚えるよりもどの値のことを言っているのか明確にわかる言葉として公式を覚えたほうが良いこともあります。

またその値は公式が導かれる過程で示されているため成り立ちを理解することが重要であることも言えます。

 

いらない公式は極力覚えるのを後回しにする

 

数学にはたくさん公式がありますが、めったに使わない公式も多々あります。

例を挙げるならヘロンの公式や数Aの図形分野の公式などがあげられます。

これらはあったら便利だけどなくてもほかで代用できるものが多く、また選択問題等で避けることができるものが多いのでこれらは後回しで覚えたり、直前で公式と成り立ちだけ確認する程度で構いません。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 評判の良いやさしい理系数学の難易度と使い方&勉強法【東大京大東工…
  2. 数学標準問題精講の評判・難易度と使い方&勉強法【早慶レベル】
  3. 河合塾ハイレベル理系数学の難易度と評価と使い方&勉強法【東大京大…
  4. チェック&リピート数学の評価と使い方&勉強法【東大到達…
  5. 難易度の高いFocus Goldの使い方と勉強法!【早稲田慶應レ…
  6. 数学1対1対応の演習の難易度とペースと使い方&勉強法【東大京大早…
  7. 理系数学の良問プラチカⅠAⅡBⅢCの使い方と勉強法【到達点は早稲…
  8. 黄チャートの使い方と勉強法!例題だけで偏差値60【センター8割レ…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!