超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

古文単語フォーミュラ600(FORMULA)のレベルと使い方&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

250秒で読めます。

古文単語フォーミュラ600(FORMULA)の使い方&勉強法

 

フォーミュラ600の使い方・勉強法

古文単語フォーミュラ600(FORMULA)の特徴

 

この単語帳は古典単語の意味、例文がシンプルに示されています。

比較的小さなサイズな単語帳なので持ち運んで通学中に使いやすくなっています。

別売りのCDを使えば耳からもインプットすることができるので、あわせて使うことで暗記効率をあげることができます。

正しい使い方&勉強法を学んでいきましょう!

 

古文単語フォーミュラ600(FORMULA)のレベル

 

古典をセンター試験でのみ使う受験生

 

理系学部を志望する受験生などセンターでのみ古典を使用する受験生にとって、古典単語を600語覚えることはオーバーワークになってしまいます。

配点を考えても多くの時間を古典単語に費やすことは非効率的です。

全て覚えるのではなく問題演習の補助教材として使用しましょう。

 

私立大学の文系学部を志望する受験生

 

私立大学の試験はマークシート方式が多く、正解か不正解かの区別しかないので知識不足がはっきり得点差にあらわれます。

特に早稲田の古典の試験はどの学部も内容、分量ともに最難関レベルであり、単語を知らなければ解けない問題も多く出題されます。

私立専願の受験生は科目数が少ないため、600語程度の古典単語はしっかり覚えてきます。

古典で差をつけられないようにするためには600語すべて覚える必要があります。

 

早稲田大学の古文で満点を取った、読み方と勉強法を教えます

 

国公立大学志望で二次試験に古典を使う受験生

 

国公立の二次試験は記述式の解答が出題されることが多いので、600語を頭から最後まで全て覚えるという意識よりも問題演習をしながら覚えていくという意識を持ちましょう。

 

古文単語フォーミュラ600のハイレベル使い方&勉強法

 

センター試験専用の使い方&勉強法

 

センター試験にのみ古典を使用する受験生は初めから単語帳の単語を覚えようとするのではなく、問題演習のなかに出てきた単語を覚えていくようにしましょう。

センター試験の過去問題や同レベルの問題を解き、意味を覚えていなかった単語を参考書で調べ、印をつけていきましょう。

問題演習を重ねるにつれ印がついた単語が増えていきますが、その数は600よりはるかに少ないでしょう。

600語ある単語のなかで特に重要な単語が浮かび上がってくるのです。

その単語を優先に覚えることで効率よくセンター試験に対応できる語彙力を得ることができます。

 

私立大学志望者の使い方&勉強法

 

私立大学受験のためには600語すべてを覚えることが必要になるので、上に示した問題演習の結果を参考書に反映させる学習だけでなく、参考書を頭から覚えていく学習が必要になります。

その時に重要なことは、一つ一つ完璧に覚えようとしないことと、他の単語帳に手を出さないということです。

一つ一つ覚えようと何度も同じところを繰り返すことは非効率的です。

とにかく目や耳でふれる回数を増やすことが暗記をする上で重要なので、覚えているかどうかに関わらずとにかく一冊まるごとを何周もするようにしましょう。

覚えていない単語が減ってきたらその単語を何度も繰り返し見て聞いて覚えましょう。

他の単語帳に手を出すことにメリットはなく、反対にどっちつかずになるリスクが高いので、一冊を完璧に覚えるようにしましょう。

 

記述問題対策が必要な場合の使い方&勉強法

 

国公立大の二次試験に多くみられる記述式の問題を解くには語彙力が必要になるのは当然なのですが、語彙力以上に意味を推測する力や説明力が求められることがあります。

そのため問題演習を数多くこなし問題を解く考え方を学ぶことが重要になるため、問題演習のなかに出てきた単語を優先して覚え、余裕があればその他の単語を覚えるようにしましょう。

古文単語フォーミュラ600の使い方&勉強法まとめ

 

古文単語帳は基本的に1冊あれば十分です。

2冊も3冊も持っていても、結局浅く広くになってしまうため本番で力を発揮できません。

古文単語フォーミュラ600を使っていくのであれば、正しい使い方と勉強法でこの1冊を完璧に覚えてください。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 古文の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら