超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

全解説実力判定英文法ファイナル問題集標準編&難関編のレベルと使い方と勉強法!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

244秒で読めます。

全解説実力判定英文法ファイナル問題集の使い方&勉強法

 

全解説実力判定英文法ファイナル問題集

全解説実力判定英文法ファイナル問題集の特徴

 

この問題集は、大学入試レベルの英文法・語法・イディオム・会話表現を総仕上げするためのものです。

文法・語法の問題集の多くが、文法項目別の配列になっているのに対し、この本はランダムな文法配列になっているため、入試の本番に近い演習をすることができます。

例えば、仮定法の章の問題だとわかったうえで解いていると、いざ本番になると仮定法だという事に気付けないことも珍しくありません。

そうならないために、この問題集で、ランダムで問われても回答プロセスを理解したうえで素早く答えられるようにしていきます。

過去問演習に入る前の、英文法の最終チェックのためにふさわしい内容です。

正しい使い方と勉強法を学び、成績をしっかりと上げていきましょう。

 

全解説実力判定英文法ファイナル問題集のレベル

 

対象となる受験生のレベル

 

英文法・語法の参考書や問題集を、最低でも1冊はマスターした生徒が、最終段階として使用することをオススメします。

『ネクステージ』や『スクランブル』のような問題集を勉強し、仮定法や比較など、各項目が完璧になっている状態で、ランダムに問題を解きたい受験生向けです。

言い方を変えると、受験勉強のための最初の1冊目としては、適当ではありません。

 

到達レベル

 

正しい使い方と勉強法で「標準編」をマスターすれば、文法・語法の問題に関しては、センター試験で7~8割以上を正答し、中堅私大~関関同立・GMARCHを目指せます。

正しい使い方と勉強法で「難関大学編」を完璧にマスターすれば、同じく文法・語法の問題に関して、センター試験で9割以上を獲得し、難関国公立大学や難関私大(早慶上智)を目指せるレベルです。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

全解説実力判定英文法ファイナル問題集の効果的な使い方&勉強法

 

英文法ファイナルの正しい使い方と勉強法を学んでいきましょう。

全10回の形式なので、1日1回分を学習していけば、10日で終わります。

しかし、完全にマスターするためには、繰り返し解く必要があります。

 

解答用紙には「標準解答時間」が明示されています。

解答する上で最も大事な注意点は、この時間を守って、辞書や参考書などは見ないで取り組むことです。

そうしないと、最終チェックになりません。

決められた時間内に完答することも、とても重要なことです。

 

答え合わせをしてから、じっくり解説を読みます。

解説を読む上で最も大事なことは、正解を導き出すためのポイントを理解することです。

選択式の問題の場合は、不正解の選択肢についても、それがなぜ間違いだといえるのか、説明できるようになりましょう。

重要だと思う箇所には蛍光ペンなどでマークします。

 

正解出来た問題は、問題番号横のチェック欄にチェックを入れます。

もし正解できた問題でも、その根拠があやふやであったという場合にはチェックしないでおきます。

チェック欄には2回のチェックができるようになっています。

繰り返し解くうちに、2回のチェックが入れられれば、その問題はマスターした、つまりもう2度と解く必要のない問題である、と見なします。

これが明確になれば、苦手な問題のみにピンポイントで時間をかけて勉強することができます。

 

問題英文と、その和訳も、よく確認します。

ここで覚えておきたい単語には蛍光ペンでマークしますが、解説の重要項目の時とは、別の色にしましょう。

 

全解説実力判定英文法ファイナル問題集が終わったら?

 

文法・語法に関しては、この本を最後の1冊と決めて、あれこれ手を出さずに、これまで学んできたことを復習して完璧にすることをお勧めします。

問題集とは別に、志望先の過去問に取り組むことが大切です。

過去問を解いていく中で、今まで出てこなかった細かい知識をどんどん吸収していくことで、得点率がアップしていきます。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 英文法の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら