超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

荒巻の新世界史の見取り図の難易度と使い方&勉強法【東大早稲田慶應レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

223秒で読めます。

荒巻の新世界史の見取り図のハイレベルな使い方&勉強法

 

世界史の見取り図

荒巻の新世界史の見取り図の特徴

 

世界史に限らず、あらゆる教科書たちは字数制限があって、書くことのできる分量は限られています。

その教科書を補うために学校の授業等があるわけで、一部の生徒は、社会の学習は教科書を読めば大丈夫だと誤解しています。

そんな教科書だけで、歴史の概要を理解することは不可能です。

高校の歴史学習でも不可能です。

歴史の学習、特に世界史の受験学習で必要となるのは、世界史に対する多角的な視点です。

教科書は分量も少なく(うまくまとめてある)、一つの視点で歴史を見ています。

「世界史の見取り図」は世界史を教科書とは別の角度から、理解を深めるために最適な役割を果たします。

 

世界史の見取り図で多角的な視野を身に付ける

 

世界史の学習では、単語の暗記は重要ですが、それだけでは全く意味がありません。

この本は、一人では理解しにくい因果関係や時代の概要を、地域を分けて多角的な視点で解説しています。

また覚えるべきことも明記してあるので、覚えにくいことも勉強に抑揚をつけて学習することができます。

したがってこの本は、わかりやすい授業を文字に起こした一冊であると考えるのが良いでしょう。

 

荒巻の新世界史の見取り図のハイレベルな使い方&勉強法

 

教科書を読み込んだ後の使い方&勉強法

 

センター試験含め、単語の暗記は最も基本となり重要な世界史学習の要素です。

そのためにも学校で使っている教科書を軽視してはいけません。

教科書をしっかりと読み込み、単語も覚える、その後でこの本を読むことが最も効果的な使用法です。

単語を覚える努力は必要です。

ちなみに、この本は基本的な用語しか出てこないので、私立などの難しい単語を覚えようとするのにはあまり適していません。

世界史の見取り図を読むことで点(つまり単語と教科書での記述)と点を色々な角度でつなげて、一つの歴史にすることができるのです。

この本は様々な角度から歴史を見るため、同じ出来事が、違う立場から何度も書かれています。

つまり教科書のように単語が一回しか出てくるのではなく、何度も出てくるということです。

その関連ページを面倒くさがらずに何度もそんでいくことが大切です。

 

時代ごとの関連を理解するための使い方&勉強法

 

効果的な活用法としては、地域ごとによって章が成り立っているのが特徴ですが、まずは一通り読んで見て、そのあとに同じ時代の出来事を色々なページに飛びながら読むことが効果的です。

基本的にここを読んだらどこのページが関連してあるか書いてあるので面倒くさがらずに読めば単語もしっかりと覚えることができます。

時間がないときは、自分の理解が浅い、または苦手な時代を絞ってその出来事の関連ページを繰り返し読むことが良いでしょう。

それほど覚えることはないので、素早く読み、納得して世界史を楽しめばこの本は十分です。

気になった点、または重要であると感じたり、自分がその視点に面白さを感じたりしたらノート等にメモすることも重要です。

なぜなら、この本は3冊もあり内容は濃いです。

 

荒巻の新世界史の見取り図の使い方&勉強法のまとめ

 

受験の学習はもちろん国語数学英語がメインですから、できるだけ早く自分が理解し納得した情報にたどり着けるかも重要だからです。

しかし読みやすい書き方や字の大きさになっているのでビビらず積極的に読み、教科書の記述と見比べながら、この本を読んでいくと面白いし、世界史をマスターすることができます。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 世界史の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら