セミナー化学の評価と使い方&勉強法!【センター基礎レベル】

この記事は346秒で読めます。

セミナー化学で基礎土台を固める使い方&勉強法!

 

 

セミナー化学は、学校の教科書としても使われることが多い有名な問題集です。

化学を使う受験生なら一度は目にしたことがあるこの「セミナー化学」についてお話していきます。

 

・セミナー化学のレベルと特徴

・セミナー化学の最強の使い方と勉強法

の2点です。

化学を選択している受験生は必ず最後まで読んでくださいね。

 

セミナー化学はこんな問題集!!

 

セミナー化学は、基礎レベルの問題がたくさんこなせる問題集です。

化学分野はいろいろな単元を横断した問題を最終的に解くことになるので、はやいうちからこういった問題にぶつかっていき、訓練をつんでいきましょう。

解説も各問題につき記述されているので教科書やほかの参考書で調べる手間が省けるほどです。

効率よく問題を解きながら知識を吸収していくことができます。

 

超基礎レベルから、センター試験レベルまでの内容になっています。

化学をあまり勉強したことのない受験生や、化学の基礎をもう一度確認したいという受験生に最適な問題集です。

この問題集を複数回繰り返し、反射的に答えを導ける状態になっていることがセンター試験以上のレベルのテストでは必要になってくるでしょう。

 

セミナー化学の正しい使い方と勉強法

 

セミナー化学は、解説が非常に分かりやすく書かれています。

なので、「岡野の化学をはじめからていねいに」などの基礎的な講義の参考書で軽く化学の全体像をつかんだら、すぐにセミナー化学で問題演習に入ることができます。

単元の区切りがしっかりしているので一単元あたり1~2時間もあれば1週できるので、どんどん新しい気持ちで取り組めるのが復習のモチベーションになってきます。

岡野の化学をはじめからていねいにの使い方はこちら!

 

セミナー化学の良いところは、基礎問題が何題もあるので、解いているうちに講義系の参考書の内容をどんどん定着させられるところです。

元素記号など特に暗記のウエートが大きい科目ですから、しつこいほどの復習と効率的なアウトプットにもってこいの教材です。

解説では公式や要点の確認もしっかりとできるようになっており、まれに参考書や教科書に載っていないような内容も盛り込まれています。

解説の熟読はこのテキストを使いこなすという意味ではとても重要な作業になってきます。

どんどん赤ペンやマーカーでテキストに書き込んで知識の整理を同時進行で行っていきましょう。

 

また、問題を解くときには必ず大きめの用紙に、考えたことの筋道がわかるように答案を書いていきましょう。

無機・有機の範囲どちらも解法のルートが複数あってその選択により大きく所要時間が変わるというケースがあります。

セミナー化学の解説にも複数ルートが記載されているところがあるので、自分の書いた解答以外の解答のチェックを怠らないようにしましょう。

また、自分の解答が本当に最短なのか、計算式がやたらと複雑ではないかなどというところと合わせて確認すると、今後よりレベルの高い問題で効率の良い解答を作る助けになってきます。

 

講義系の参考書を完璧にしようとしすぎず、セミナー化学で演習を繰り返してください。

アウトプットの繰り返しにより暗記項目がどんどん定着していきます。

インプットした情報をセミナー化学でアウトプットするという使い方&勉強法を心がけてください。

 

セミナー化学の使い方&勉強法まとめ

 

大学受験において「基礎」というのが最も大切です。

なぜなら、受験勉強は積み上げ方式なので、基礎が固まらない限り、その上の問題は絶対に解けるようにならないからです。

 

そして、勉強にかける時間は、基礎から応用に進むにつれて少なくなっていきます。

難関大学を志望するという方は特にですが、応用問題の解き方にばかり頭がいっていて、いざ答え合わせ!

という時に基礎的な内容のミス、覚え忘れによりテキストを見たりしている方が多くいますが、これは時間の無駄と言わざるをえませんよね。

基礎を先に固めたほうが圧倒的に勉強の効率がよくなりますから、そういう人ほど基礎固めを綿密に、これが鉄則の勉強法です。

多くの時間を費やしてもよいので、セミナー化学を1冊完璧に頭に叩き込むことを徹底してください。

 

センター試験に対しては、語句や知識の問題に関してはこれ1冊で十分戦えますが、計算が絡む問題では多少レベルが落ちてしまいます。

1冊で確実にとりきれるのは80~90点ほどですので、化学で確実に満点に近い点数を稼ぎたいという方は別で対策が必要になってきますので次項目を参考にしてください。

 

セミナー化学が終わったら!?

 

セミナー化学を正しい使い方&勉強法で取り組めば、センター試験で7割以上が取れるようになっています。

センター試験で9割以上、そしてそれ以上のレベルを目指す受験生は、「化学I・II重要問題集」に進んでいってください。

こちらに進む目安は100パーセントに近いところまでセミナー化学を学習している状態になっていることです。

ここで妥協してしまうと上で述べたように重要問題集とテキストの往復に忙しくなってしまうので焦る必要はありません。

しっかり本番までの逆算をして、ゆとりのあるタイムスケジュールを組みましょう。

 

また、セミナー化学と違って応用問題が多くなるので、苦戦することも少なくありません。

そういうときこそ一度セミナー化学に戻って、基礎を固めなおしてから、応用問題に挑んでいくようにしましょう。

単なる知識不足ではなく、応用的な理解の確認が必要になることもあるので、そのときは一旦セミナー化学で復習する時間を惜しむ必要はありません。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡才?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で習得】難関大学の英語長文がスラスラ読める読解法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で「誰でも早慶の長文がスラスラ読める読解法」を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

関連記事

  1. 亀田和久の無機化学が面白いほどわかる本の評価と使い方&勉強法
  2. 化学重要問題集の評価と使い方&勉強法【センター~東大医学部レベル…
  3. 【センターレベル攻略】福間の無機化学の講義の評価と使い方&勉強法…
  4. 有機化学演習の評価と難易度と使い方&勉強法【東大京大医学部レベル…
  5. 【センター&早稲田慶應レベル】岡野の化学をはじめからていねいにの…
  6. 【東大京大東工大阪大レベル】化学の新演習の評価と使い方&勉強法
  7. 【センター~早稲田慶應レベル】化学の新研究の評判と使い方&勉強法…
  8. 【大学受験】化学式の書き方と覚え方!エチレン・塩酸・エタノールも…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!