【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

入試漢字マスター1800+の使い方と覚え方【センター~早稲田レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

334秒で読めます。

入試漢字マスター1800+のハイレベルな使い方&覚え方

 

入試漢字マスター1800+の使い方と覚え方【センター~早稲田レベル】

 

大学受験の勉強をする中で、漢字はなんとなく後回しになってしまっていませんか?

漢字は配点が低いから、他の対策をしよう。

そんな風に思っていないでしょうか。

実は合格と不合格のほんの1,2点のボーダーラインのところに、最も多くの受験生が集結する傾向にあります。

合格と不合格は、本当に紙一重の差なんです。

1つの漢字ミスが合否を左右することなど、なにも珍しいことではありません。

ですから覚えればしっかり点数が取れる漢字は、絶対に落としてはいけません。

 

そこでここでは、入試漢字マスター1800+で、大学入試の漢字を攻略する勉強法をお伝えしていきましょう。

漢字の勉強に時間をかけずに、なおかつ得点を稼ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

 漢字マスター1800+のレベルと特徴

 

漢字マスター1800+は、漢字の読み書きともにレベル別に分かれています。

レベルA,Bは基本的に受験生は最低限やっておかなければいけません。

レベルCは難関大学頻出の漢字です。

志望校のレベルに合わせて漢字を勉強できるので、必要な分だけ覚えられます。

四字熟語やセンター試験対策もあるので、幅広く漢字を対策できますよ。

 

漢字マスター1800+のハイレベルな使い方&覚え方

 

まず漢字を学ぶうえでの大前提として、できるだけ早い段階から勉強しましょう。

1年かけて覚えるのであれば、1日10分程度の勉強で十分なので、ほとんど負担にはなりません。

それを後ろ倒しにしていってしまうと、入試直前で漢字の勉強を1日何時間もやらなければならず、他の勉強ができなくなってしまいます。

また人間の記憶は、何度も目に触れたものほど、長期記憶に定着して忘れにくくなります。

この点からも、早くから漢字を勉強した方が、得点につながりやすいんです。

 

使い方ステップ①まずは過去問を見よう

 

まずは志望校や、併願校として考えている大学の過去問を見ましょう。

漢字の出題形式を確認してください。

例えばセンター試験しか受けない受験生であれば、漢字の書き取り問題は出てこないですよね。

漢字を記述する問題がたくさん出題されるのであれば、気合を入れて勉強しなければいけません。

読みを問う問題が出題されないのであれば、読みの対策はしなくても良いかもしれませんね。

先に過去問を見ておくことで、漢字の勉強の方針が決められます。

 

使い方ステップ②テストをしよう

 

まずは自分が覚えられていない漢字をあぶり出すために、テストをしましょう。

覚えられていない漢字をピンポイントで覚えるための作業です。

赤シートがついているので、そちらを使うと効率よくテストができます。

覚えられていない漢字には、チェックをつけておいてください。

 

出題頻度の高いレベルAから順に、取り組んでいきましょう。

レベルAが完璧にマスターできるまでは、レベルBへ進んではいけません。

出題頻度の高い感じをマスターした方が、得点につながる可能性が高いですからね。

 

使い方ステップ③暗記しよう

 

チェックがついた漢字を、暗記していきましょう。

漢字は基本的に、書いて覚えてください。

志望校の過去問で書き取りが出題されない場合も、目標は「漢字を書けるようにすること」に置きましょう。

「選べれば良いや」と思って覚えると、うろ覚えになる可能性が高く、入試本番で「あれ、思い出せない・・・」となることも。

まさに現役時代、12回の受験で失敗した私がそうでした。

漢字がしっかりと書けるようになっていれば、選択問題は間違いなく正解できるでしょう。

 

使い方ステップ④テストをしよう

 

1つのレベルが完璧にマスターできたと思ったら、テストをしましょう。

もう1度、2度間違える漢字は、あなたが特に苦手な漢字です。

入試本番で間違える可能性も高いでしょう。

色ペンなどでチェックをして、何度も覚えなおすとともに、入試本番の直前で見直せるようにしておいてください。

この作業を繰り返して、1つのレベルが完璧にマスターできたら、次のレベルへ進みましょう。

 

漢字マスター1800+が終わったら?

 

漢字マスター1800+が完璧にマスターできれば、大学受験の漢字はOKと考えましょう。

もちろん漢字マスター1800+に掲載されていない漢字が、過去問や入試本番で出題されるケースもあります。

しかしその1問を追うために、手を広げすぎると、どんどん効率が悪くなってしまいます。

漢字マスター1800+を完璧にすることだけを考えて、勉強を進めていきましょう。

 

漢字マスター1800+の使い方と覚え方まとめ

 

・漢字はできる限り早い時期から勉強しておこう

・まずは過去問を見て、漢字を勉強する方針を決めておこう

・覚えられていない漢字にチェックをつけて、ピンポイントで覚えよう

・漢字は書けるようにして、ど忘れを防ごう

 

>>現代文の攻略法完全版!早稲田商学部で満点を取った現代文の対策法はこちら

>>古文の読み方、知っていますか?受験生が知らない古文の勉強法はこちら

 



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










1:21 PM